FC2ブログ

D絵てがみの展示が始まる

 3月1日より「絵てがみミュージアムin東海道」と題して亀山宿・関宿・坂下宿に市内の絵手紙サークルの方々の作品約180点と絵手紙講師の高士先生の作品約35点の展示が始まりました。
 
 亀山宿には、60点の作品を「宿場の賑わい一座」の皆様のご協力をいただき西町・野村町を主体に展示いただき、関宿は、約100点の作品を木崎・中町・新所の町並に、坂下宿は、沓掛・坂下に20点の作品を、連子格子の家に展示させていただきました。

 講師の高士先生の絵てがみは、関宿の中心部にある「百六里亭」のギャラリーに展示をさせていただきました。

 取付けている時に、私の家にも付けてと要望をいただいた方もあり、亀山・関・坂下の町には、絵てがみの似合う家が多くあり、次回は400点位が必要だと感じました。

 取り付けられなかったお宅には本当にごめんなさい、次回には必ず取付させていただきます。
 「絵手紙サークル」の皆様・展示を快く了解いただいた皆様・取付にご協力をいただいた「宿場の賑わい一座」の皆さんありがとうございました。

 4月10日までの間にぜひ力作ぞろいの絵てがみをご覧ください。

 感想を是非、観光協会のブログにお願いします。

えてがみ 001 絵手紙 002


IMG_0056.jpg IMG_0074.jpg


 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

とっても素敵でした

昨日の日曜日に、温泉にでも入ってのんびりしたいなと思い、亀山博物館へ行きました。
関へは何度もいってますし、ハイキングで馬子唄会館へ立ち寄ったこともありますが、亀山をゆっくり歩くのは初めてでした。
ぶ厚い立派な屋号看板に並んで、額縁が格子にしっくりと溶け込んでいて絵手紙の色彩が浮かびあがりとっても素敵でした(飛び飛びで、やっぱりちょっと枚数が少ないかな。。。)
帰宅して、あれこれ亀山の検索していて、このページを見つけました。
手作り感があっていいですよ、また詳しく書かれていてよく分かりました。
いっぺんに亀山が好きになりました。
東海道が貫いているって、いいですね。侍屋敷の近くで、お餅つきをやっていました。津は中途半端な都会で、このようなこともなくうらやましいです。
桜祭りのハイキングには、家族で参加させていただきたいと思います。
集合場所やコース、費用などまた掲載してくださいね

管理者様へ、アドレスが公表されると。いたずらメールが舞い込むので記載しませんが、よろしくお願い」します。
Dプロフィール

亀山市観光協会

Author:亀山市観光協会
亀山市観光協会ブログへようこそ!

D最近の記事
D最近のコメント
D最近のトラックバック
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
Dブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

D毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

ブログ内検索
RSSフィード
リンク